精神病になった時に生活費を得られる便利な制度

サイトメニュー

会社に行けない場合の対処

カウンセリング

特徴や活用方法を理解する

人間が生きていると、様々な病気に罹りがちですが、その中でもうつ病は最近増え始めています。うつ病の重度のものになると家から出ることができなくなることもあるでしょう。この場合には、会社に行くことも難しく給料をもらうことができなくなってしまいます。給料をもらうことができなければ、生活することも難しくなります。この時、障害年金をもらうことができれば何とか最低限の生活の維持が可能です。そこで、障害年金をもらう場合の特徴を見ておきましょう。そもそもうつ病で障害年金をもらうことができるかといえば、もらうことは可能になります。ただ、その前に診断書が必要になります。診断書を提出したうえで、どの等級になるか決まるわけです。障害年金は場合は、1級から3級まであるのが特徴といえるでしょう。何が違うかといえば、もらえる金額が異なります。ただ、アルバイトなどをしている場合には、3級に該当したとしてもお金をもらうことができませんので要注意です。この場合には、2級以上になることが重要になります。2級以上になると、介護を必要とするか介護までは必要としないけども生活をするのが困難なレベルにまで陥っていることが重要です。最終的に審査をするのは国ですので、診断書の内容が大きく結果を受けるといえるでしょう。

年金は、うつ病の時にもらうことができますがこのときには会社に通っていてもらうことができます。ただし、毎日会社に通っているといくらうつ病の場合でも受給申請が下りませんので注意が必要です。つまり、長期的に休んでいる場合だけでなく、1週間のうち何回か会社を休んだり、行くときと行かない時が極端になった場合などには申請が下りる可能性が高まります。お金は、毎月6万円から8万円程度しかもらうことができませんので、生活をするのも大変です。このように考えると、生活費に費やすのが障害年金を利用する目的といえるでしょう。これ以上額を増やすことはできませんが、子供や配偶者がいる場合には条件付きでもらうことができます。ただし、子供や配偶者の分をもらうことができるといっても、1年間で22万円程度になります。そのため、家族で生活する場合にもかなり切りつめなければなりません。そうだとすれば、あらかじめ働いている時にしっかりとお金をためておくことと実際に年金をもらう生活になったならば無駄を徹底してなくすことが重要になります。例えば、自動車に乗っている場合には絶対に必要でない限り売却をするなど節約することが必要になるでしょう。車検の費用なども支払うことができないからです。それが嫌ならば、事前にしっかりとお金をためておきましょう。

Copyright© 2019 精神病になった時に生活費を得られる便利な制度 All Rights Reserved.